寺沢武一の死因は脳腫瘍による病気!?左半身が麻痺して車椅子生活をしていた!

寺沢武一 死因 病気 脳腫瘍 闘病
  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク

2023年9月11日、コブラの漫画家であった寺沢武一さんが亡くなったことが報道されました

ですが、詳しい死因については公表されていないようです

果たして、彼の死因はなんなのでしょうか?詳しく調べていきたいと思います

 

スポンサーリンク

目次

「コブラ」漫画家、寺沢武一さんが死去

2023年9月11日、漫画家の寺沢武一さんが亡くなったことが報道されました。68歳という若さでした。

同じ漫画家仲間であった森田まさのりさんから、ご報告があったようです

代表作としてSF漫画の「コブラ」が上げられ、週刊少年ジャンプの表紙を飾っていた時期もありました

寺沢武一先生が亡くなられた。交流があったわけではないけど、その先進性と超絶技術は尊敬して止みません。

心からご冥福をお祈りします。

引用:X

森田まさのりさんのX(ツイッター)でこのような投稿があがったようです

9月11日にこちらの投稿をされましたが、その日のうちに投稿が削除されたようです

理由は不明のようです

 

スポンサーリンク

世間の声

寺沢さんの訃報で、悲しんでいる方が多いようです

「コブラ」の続編を気にしていた人もいるくらいでした…

 

スポンサーリンク

 

寺沢武一の死因は脳腫瘍!?

寺沢さんの訃報が報じられましたが、死因について調べてみた結果…

大前提として、正式な死因について公表されておりません

ただ、寺沢さんは、約20年ほど前から闘病生活を続けていたことが明らかになっています

1998年に悪性の脳腫瘍を患い、闘病生活を送っていることを2003年に公表していた。

引用:Yahooニュース

寺沢氏は98年に悪性の脳腫瘍が見つかり、以後、3回の手術を行ったのだが、その後遺症で左半身が麻痺。

介護4のいまは車椅子生活を余儀なくされ、排泄や入浴の介助も必要な状態だという。

だが氏はそんな状態にありながらも、衰えない性欲を持て余しているとして、元アシスタントの女性が告発している。

引用:WEZZY

そこから、3回も手術をされたり、手術の後遺症で左半身が麻痺され、車椅子生活を送っていたようです。

脳腫瘍を患った時、5年間の生存率は平均で75%ほどのようですが、

悪性の脳腫瘍だった場合、平均寿命はかなり短いようです。

悪性脳腫瘍全体でみると、診断からの平均余命は79か月、無増悪生存期間は平均38か月、5年生存率53.4%となっています。

引用:岡本医療センター

79ヶ月というと、6年7ヶ月のようです

寺沢さんの場合は、1998年から患っていたため、そこまで悪性の脳腫瘍ではないように感じられますが

「闘病生活をしていた」と聞くと、どうしても脳腫瘍を疑ってしまいますね…

詳しい情報が分かり次第、随時更新していきたいと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次