中山俊憲の死因の病気は突然死で訳アリ!?心筋梗塞や大動脈解離が浮上!?

中山俊憲 死因 病気 病名 突然死
  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク

千葉大学長を務めていた中山俊憲(なかやまとしのり)さん

2023年11月2日、病気のため死去されたことが報道されました。64歳でした。

その病気とは一体なんなのでしょうか?詳しく調べていきたいと思います

 

スポンサーリンク

目次

千葉大医学長・中山俊憲さんが病気で死去

千葉大学長を務めていた中山俊憲(なかやまとしのり)さん

2023年11月2日、病気のため死去されたことが報道されました。

64歳という若さでした

彼は、東大大学院修了しており、米国立がん研究所客員研究員を経験し

千葉大大学院医学研究科助教授に就任

教授、千葉大副学長、千葉大大学院医学研究院長・医学部長など様々なことを歴任していました

千葉大が11月6日に発表され、儀は既に執り行ったようです

中山さんの死因が「病気」ということが発表されておりますが

一体、なんの病気なのでしょうか?

詳しく調べていきたいと思います

 

スポンサーリンク

世間の声

どれだけ医療の分野で目を見張る業績がある方でも、自分が病で亡くなってしまうのは避けられないという現実。

私の家族も手術したが、6ヶ月後の検査に行ったら、執刀医が亡くなっていた。医療の限界を感じる。

 

「医者の不養生」なんて言葉もあるように、名医ほど忙しさに追われ、自らを省みる余裕がないのだろうか。

 

おそらく大学の職員健診はきちんと受けていたのだと思いますが、 そこで要精査を指摘されていたにもかかわらず、

精査しないで手遅れになってしまったなんてことではなかったと信じたいです。 ご冥福をお祈りいたします。

 

在職中に亡くなるって、そんなに突然の事だったんでしょうかね。

闘病期間があったなら、それなりの地位に居たなら尚更、事前に辞職とかしないのかな…。

引用:Yahooニュース

 

スポンサーリンク

中山俊憲の死因の病気は突然死で訳アリ!?

中山さんの病気について調べたところ…

正式な病名は明かされておりませんでした

ですが、「病気で…と普通言わないよね」という声が上がっており

中山さんの死因となった病名は「突然死?」「訳あり?」という可能性が浮上していました

本人自身、がん研究所の研究員を務めていたり、免疫学やアレルギー学を専門していました。

また、日頃からお仕事されていく中で

ご自身の定期検診もきちんと行っていたと思われます

そのため、中山さんは突然死された可能性が高いように感じられます

突然死しやすい病気は「急性心筋梗塞」「大動脈解離」

60代男性の突然死について調べたところ…

特に突然死を起こしやすい病気としては、急性心筋梗塞や大動脈解離です。

さらに奥さんに先立たれた場合や離婚などで、残された男性の場合、

一人の生活で孤独に陥ることが強いストレスとなり、突然死のリスクが一気に高まるのです。

引用:JBPress

60代の独身男性に多い病気として「急性心筋梗塞」「大動脈解離」が起こりやすいようです

中山さんに奥さんや子供がいるのか。

調べたところ公表されていないため、不明のままです

ですが、突然死される病気を上げた場合、このような病気が一例として上がりそうです

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次