大滝観光流しそうめんの運営社長は谷下紀義!?原因はそうめんに使った湧き水だった!

大滝観光流しそうめん 運営 社長 谷下紀義
  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク

2023年8月のお盆中、津幡町牛首の飲食店「大滝観光流しそうめん」で

892人が食中毒に感染したことが報道されました

今回は、この流しそうめんを運営していた代表取締役や社長について

調べていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

目次

大滝観光流しそうめんで食中毒!患者が892人!

2023年8月、津幡町牛首の飲食店「大滝観光流しそうめん」で

892人が食中毒に感染したことが報道されました

患者は1歳~80歳の老若男女で、8月11日~17日のお盆シーズンにお店を利用しており

いずれも発熱や嘔吐、腹痛の症状を訴え、22人が一時入院したようです

食中毒の原因は、流しそうめんに使う湧き水から「カンピロハクター」という細菌だったことがわかりました!

  

主に、鶏のさしみ、レバ刺し、タタキ、とりわさ、などによる食中毒が多発しているようです!

カンピロバクターは水が原因ですか?

カンピロバクターは、大気や乾燥に極めて弱いが、湿潤な環境では長期間生存できることから、水が原因となることがあり

以前から井戸水、水道水、わき水による食中毒事例が発生している

引用:Google

保健所の現地調査で、食中毒は流しそうめんに使う湧き水から検出された細菌「カンピロバクター」が原因と特定した。

湧き水に混入した経緯は不明という。

県は9月、井戸水や湧き水を使用する県内の飲食店約550店に、水質検査を適切に行うよう求める通知を出した。

引用:ヤフーニュース

892人という大人数の方が被害にあっており、大きな事件となってしまいましたが

この「大滝観光流しそうめん」を運営している代表取締役(社長)は一体誰なのでしょうか?

詳しく調べていきたいと思います!

スポンサーリンク

世間の声

特に、BBQなどで川にでかけたり、井戸水、わき水を使用している水には注意が必要だと感じられますね

 

スポンサーリンク

大滝観光流しそうめんの社長(運営者)は谷下紀義!?

大滝観光流しそうめんの運営をしていた代表取締役、社長について調べてみた結果…

おそらく「谷下紀義さん」だと思われます

ただ2022年7月の情報なため、2023年8月頃は務めていない可能性があります

また、谷下紀義さんの顔画像は公開されておりませんでした…

運営する大滝観光代表の谷下紀義さんによると、

高齢者から子どもまで楽しめるように、遊歩道などをバリアフリーにし、できるだけ滝の近くにまで来られるよう、毎年少しずつ改良を重ねてきたという。

引用:金沢経済新聞

谷下紀義さんの妻である栄美子さんと

夫婦で運営していたようです

スポンサーリンク

大滝観光流しそうめんの場所はどこ?

大滝観光流しそうめんの場所について、以下に調べた結果を載せました!

住所:〒929-0303 石川県河北郡津幡町牛首

また、「木窪大滝駐車場」があるため

車で向かう方はこちらに駐車したほうがよいかもしれません!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次